9月の話題

『ホームズまるわかり事典』増刷

 『ホームズまるわかり事典』(緑色表紙)は、本年発行の『ホームズおもしろ事典』(青色表紙)、昨年発行の『ホームズなんでも事典』(赤色表紙)の3冊シリーズの第1弾として2009年8月に発行された。

 『緋色の研究』から『ショスコム荘』までとの副題のとおり、事件簿60編に題材を得て、小説の世界と現実のビクトリア朝英国の社会・文化の間を行きつ戻りつ虚実皮膜の間に遊ぶシャーロキアンの著作である。

 このほど2011年9月10日付で増刷された。第2刷は2011年9月10日の発行である。

 ホームズ本は、WEJ396号の記事「ウィキペディア フリー百科事典に見るホームズ本」にあるとおり、新潮文庫の延原訳ホームズ全集のように100刷を数えるものは稀で、大半は増刷もされないまま絶版、または品切れになっている。その中でこの関西支部会員らの共著本が増刷されたことは喜ばしい。

 増刷に当り、ミスプリントや校正漏れのいくつかが修正され、内容はより正確になっている。   (阿智東風)

戻る

inserted by FC2 system