ホームズフォンデュ笑味の会開く

 4月20日(金)19時30分から、大阪ミナミの舶来屋居酒屋「ふーみー」で、スイ

ス・マイリンゲン村のMOLKIという店で販売されているSHERLOCK HOLMES FONDUEを試食するディナーの会を開催した。

 この会も関西支部会員有志で集まる「友引会」、2月の仏滅会の二次会で持ち上

がった話である。今回の幹事を見吉時枝さんがつとめた。

 スイス・マイリンゲン村にホームズのロゴ入りのチーズフォンデュのセットが販売さ

れていることは、関西支部30周年記念英国・スイス旅行団が見つけ、WEJ406号に

団員の見吉さんから報告されている。村のスポーツホテル・シャーロック・ホームズ

やライヘンバッハ滝へ登るケーブルカーの乗場にあるホームズのレリーフと同じホー

ムズの横顔のロゴが用いられていた真空パック入りの品で、開封して鍋にいれたらす

ぐ賞味できる。

 記念旅行後、平賀さんがその現物を入手したので、有志12名が集まったものであ

る。会場のお店は、もともとフォンデュのメニューがあり、先ず「国産チーズフォン

デュ」を賞味した。国産フォンデュがどちらかと言えば日本人向けのあっさり味なの

に対し、さすがにスイス産の本場のフォンデュはチーズの味にコクがあり、一同食べ

比べて納得した。

 一口にチーズフォンデュと言っても、わが国で各地の味噌の味と同様に微妙に味が

違う。ただ言えることは、マイリンゲン村のホームズ・フォンデュを賞味した日本の

シャーロキアンは、この日集まった12名だけであると思われることである。

戻る

inserted by FC2 system